高校中退留学・不登校留学・シニア留学・大学留学・語学留学を信頼と安心で提供する横浜・福岡のAJ国際留学支援センター
TOP留学までの流れ各国学校情報よくあるご質問問い合わせ・資料請求
資料ダウンロード 社長ブログ AJ国際留学センターとは 教育方針・私達の考え方 中退・不登校からの留学 教育推薦書・留学生訪問記 Dear International Marketer
留学したい国で選ぶ
アメリカ
ニュージーランド
オーストラリア
カナダ
AJ国際留学支援センター > 小・中・高卒業留学 > 高校卒業後の進路

高校卒業後の進路

高校留学後の進路は、誰もが不安に思うものです。 一昔前までは、高校留学は日本の大学受験に不利とさえ言われていました。 しかし、現在では帰国子女枠やAO入試での入学が一般的になり、 きちんとした準備を進めていれば高校留学は日本の大学受験に有利という見方も出来ます。

現地の学校に進学又は、他国(英語圏)に進学

現在留学している国で進学を考えた場合は、比較的進学はスムーズです。 現地で情報を集め、現在通われている学校のアドバイザーに相談するのがよいでしょう。 しかし、他国(英語圏)への進学を考えた場合、各国それぞれ教育制度が異なり、 入学時期もばらつきがありますので、進学する国、学校、学部についてしっかりと調べる必要があります。 特に、オセアニア圏、イギリスから北米へ志望する場合、 またはその逆では教育システムが大きく異なるため、早めに情報を集め対策を練りましょう。

日本の大学を一般入試で受験する

海外の高校を卒業していれば、多くの日本にある大学の受験資格(一般入試)があります。 しかし、日本の学生に比べ、情報量、受験対策等、不利な点が多いです。一般入試を考えているのであれば、 浪人することも覚悟しておいた方が良いでしょう。 また、1年間の留学経験のある学生は、AO入試*などで経験をアピールすることも可能です。
*AO入試とは、書類審査、面接、 小論文等で学生の偏差値で計ることのできない個性、適性に対し評価する入試方法です。

帰国子女として日本の大学に進学

大学/学部により受験資格が異なりますが、条件を満たせば帰国生として受験可能が大学/学部が多いです。 もともと帰国生入試は、保護者とともに海外で生活し、 海外の学校で就学した学生が日本の大学の受験の負担を軽くするためにできた制度です。 最近では、単身留学した学生に対しても、帰国生入試での大学の門戸が広がっています。
単身留学生が帰国生枠として受験できるのは、海外で2年以上海外の学校で就学し卒業または卒業見込みであり、 帰国後2年以内の学生を対象としている学校が一般的です。学校によっては、 受験資格が海外の学校に3年以上就学していなければならない学校/学部や、 帰国後1年以内としている学校/学部もあるので事前に良く調べてください。

帰国生入試の流れ

・STEP1 志望校を絞る
・STEP2 受験方法について
・STEP3 資料・願書の取り寄せ
・STEP4 志望校に出願する
・STEP5 志望校の受験
・アドバイザーからの一言!