高校中退留学・不登校留学・シニア留学・大学留学・語学留学を信頼と安心で提供する横浜・福岡のAJ国際留学支援センター
TOP留学までの流れ各国学校情報よくあるご質問問い合わせ・資料請求
資料ダウンロード 社長ブログ AJ国際留学センターとは 教育方針・私達の考え方 中退・不登校からの留学 教育推薦書・留学生訪問記 Dear International Marketer
留学したい国で選ぶ
アメリカ
ニュージーランド
オーストラリア
カナダ
イギリス
AJ国際留学支援センター > よくあるご質問 > アカデミックについて

アカデミックについて

質問

授業についていけない時は、どうすればよいですか?

数々の試験をパスし、いざ授業がはじまると、リスニング力やスピーキング力の不足から、授業に参加できないという学生が多々見受けられます。欧米式の授業への戸惑いや緊張から、パニック状態に陥る学生もいます。授業の回数を重ねていくにつれ、徐々に慣れてくれば克服できますが、それでも授業についていけない、何を言ってるか分からない、という方は、担当の先生やインターナショナルステューデントアドバイザーに相談してみましょう。よい解決策をアドバイスしてくれます。
質問

アメリカの大学で、転校はできるのですか?

アメリカの大学では、転校(トランスファー)は頻繁に行われています。転校せずに、入学した学校を卒業する学生は、40%前後とさえ言われ、大半の学生は転校を経験しています。特に2年生大学を終え、4年生大学へ転校する学生が多いようです。転校の際気をつけなくてはならないのが、下記の二点です。

(1)現在取得している単位が、転校先の学校で認められるとは限らないこと。
(2)成績が悪いと、転校先に受け入れられないこと。
(1)においては、同一州内なら比較的単位の移行が簡単であるとされています。しかし、学校のレベルにもよりますので、あらかじめどの単位が認められ、どの単位が認められないかを知っておく必要があります。知らずに転校し、単位不足で卒業が遅れる、ということも充分にありえます。

(2)は、転校先も優秀な学生を欲しがりますから、成績の悪い学生の受け入れは二の足を踏みます。将来転校を考えるのなら、いい成績をキープしておきたいものです。
質問

日本人が少ない大学を見つけるには、どのような方法がありますか?

「日本人の少ない大学へ行きたい!」という方は非常に多いです。しかしながら、本当に日本人が少ない大学とは、なかなか見つからないものですね。「日本人が少ない大学特集」等を載せている留学専門誌等もありますが、情報誌に載せればみなそこに殺到し、結局は「日本人が多い大学」となってしまいます。情報誌には頼らず、自分で各大学に問い合わせ日本人の学生数を調べるか、信頼できる留学業者に紹介してもらうのがよいでしょう。
質問

授業を受けるポイントを教えてください

上記最初のうちは、予備知識のある授業や、音楽や体育など語学力をあまり必要としない授業を受講するとよいでしょう。また、少人数制の授業の方が、発言しやすいですし、先生やクラスメートとの交流も図れ、欧米式の授業にスムーズに入っていけることでしょう。受講経験者にいろいろと先生のこと、クラスのことを聞き、情報を集めておくとよいでしょう。
質問

勉強は大変ですか?

留学生の100人中98人は「大変です」と答えるでしょうね。残りの2名は、「あえて楽な授業しか取っていない」か「学校のレベルが自分よりも低い」のどちらかでしょう。毎日復習や予習、宿題に追われる日々です。金曜日のありがたさを身にしみて感じられますよ。大変だからこそ、卒業式になんともいえない充実感に浸れる事ができるのです!

よくあるご質問

留学全般について

ホームステイについて

アカデミックについて