高校中退留学・不登校留学・シニア留学・大学留学・語学留学を信頼と安心で提供する横浜・福岡のAJ国際留学支援センター
TOP留学までの流れ各国学校情報よくあるご質問問い合わせ・資料請求
資料ダウンロード 社長ブログ AJ国際留学センターとは 教育方針・私達の考え方 中退・不登校からの留学 教育推薦書・留学生訪問記 Dear International Marketer
留学したい国で選ぶ
アメリカ
ニュージーランド
オーストラリア
カナダ
イギリス
AJ国際留学支援センター > 各国学校情報 > ニュージーランド学校情報 > ニュージーランド教育制度

ニュージーランド教育制度

ゆっくり流れる時間が留学生を開放してくれる

ニュージーランドでは、日本人をはじめアジアからの10代の留学生を大勢受け入れている。 受け入れ先はほとんどが公立の中・高校なので、留学生たちの多くはホームステイをし、 学校に通うことになります。「ニュージーランドでは時間がゆっくり流れる」とは、 誰もが思うことですが、実際現地で暮らしはじめると、勉強、 勉強と追われていた日本での生活がウソように思えます。 だからといって遊んでばかりいるわけではなく、自分で調べ、 自分で考えます。みんなで調べ、みんなで考えます。 先生はよき指導者としてあたたかく見守ってくれます。 大学教育は知識レベルの高い授業を中心とし、 中等教育までは人間性の育成に重きを置き、音楽、美術、 ス ポーツ、社会活動など幅広い活動を学校生活に組み込んでいる。

初等・中等教育制度

初等教育はほぼ5歳から始まり、イヤー9から中等教育Secondary、 イヤー11(日本の高1に相当)で義務教育が修了。ニュージーランド全土に小学校 (Primary School)は2250校、中高校(Secondary School)は330校がある。 そのほとんどが公立学校で、数少ない私立校はほぼ教会系

全国共通学力試験

イ ヤー11、13で、全国共通学力試験NCEA (National Certificate of Educational Achievement) のレベル1,3を受験する。この成績は生涯の学歴となるものであると同時に、 大学へのアプライ(出願)時に提出するものになる。

ニュージーランドの学期制と学年制度

ニュージーランドの学期制

ニュージーランドは4学期制

ニュージーランドの学期制

ニュージーランドの学年制度

ニュージーランドの教育制度は、ニュージーランド教育資格審議会(NZQA)の認可を受けている。
16歳 NCEA LEVEL1 全国共通学力試験を受ける
17歳 NCEA LEVEL2 全国共通学力試験を受ける
18歳 NCEA LEVEL3 1日 大学入学試験&スカラシップ取得試験(2004年から) ニュージーランドの学年制度

ニュージーランド学校情報

Tauranga Intermediate School (タウランガインターミディエイトスクール)
Macleans College (マックレーンズカレッジ)
Takapuna Grammar School (タカプナグラマースクール)
Avonside Girls' High School (エイボンサイドガールズハイスクール)
Mount Maunganui College (マウントマンガヌイカレッジ)
Fiordland College (フィオルドランドカレッジ)
Bayfield School (ベイフィールドハイスクール)
Darfield High School (ダーフィールドハイスクール)
Ecakona Education (エバコナ エジュケーション)