高校中退留学・不登校留学・シニア留学・大学留学・語学留学を信頼と安心で提供する横浜・福岡のAJ国際留学支援センター
TOP留学までの流れ各国学校情報よくあるご質問問い合わせ・資料請求
資料ダウンロード 社長ブログ AJ国際留学センターとは 教育方針・私達の考え方 中退・不登校からの留学 教育推薦書・留学生訪問記 Dear International Marketer
留学したい国で選ぶ
アメリカ
ニュージーランド
オーストラリア
カナダ
イギリス
AJ国際留学支援センター > 各国学校情報 > 海外視察 > 海外視察レポート/Marylhurst University (Pacific International Academy)

海外視察レポート/Marylhurst University (Pacific International Academy)

Marylhurst?University?(Pacific?International?Academy) (メリルハーストユニバーシティ・パシフィックインターナショナルアカデミー)

オレゴン州Lake Oswegoに位置する、 自然豊かな伝統ある大学。ポートランドからは20分ほどのドライブだ。


すでになんども訪問している学校のため、 キャンパスを見て回ることはせず、DirectorのLahiさんに最近の情報を聞く。

Lahiさんはラテン系の陽気(妖気?)なおじさんだ。 学生からにも友達感覚で話しかけ、いつも笑い声が聞こえてくる。

この学校ではGEDという、 日本で言う「高校卒業課程修了資格」が得られる。 16歳以上から入学が可能。ただし、GED受験時には17歳になっていること。 英語力が無い学生は、まず半年は語学に専念し、あとの半年でGED取得を目指す。 日本の高校を中退した学生は、平均9ヶ月から1年でGEDを取得している。

GED取得後の進路はさまざまで、 日本の大学進学を目指す人もいれば、 そのままアメリカに残りアメリカの大学へ進学する人も。 多くが後者を選択する傾向にあるようだ。やはり海外志向の強い学生が多いのだろう。

GEDはオレゴン独自のものではなく、全米で資格が取れる。 AJ国際留学支援センターではオレゴン州で二校、コロラド州で一校と提携し、 学生を送っている。やはり、GEDを目指す学生の平均年齢が低いことから、 留学生の受け入れに慣れていて、ケアもきちんと行いAJ国際留学支援センター との関係もタイトな学校を紹介したい。

Marylhurst Universityでは、AJ国際留学支援センターから留学しているAちゃんと会う約束をしていた。 お互い限られた時間のため、ランチを一緒にしながらいろいろと現地の様子を聞いた。 Aちゃんは昨年9月入学でがんばっている。

「日本食が食べたい!」ということなので、 車で5分ほど走った小さなプラザにある「回転寿司」に行った。 アメリカで回転寿司に来たのは私もはじめてだ。アジア系以外でも、アメリカ人のお客さんもそこそこ入っていた。

AちゃんはGED五教科のうち、数学の試験を先週合格し、 近々科学を受験することのこと。鬼門である「社会」をパスすれば、 もうゴールは近い。Lahiは「6月には修了するのではないか」と見ている。

この学校は積極的な学生募集活動していない。 Lahiは「口コミで広がってるんだよ」と笑う。 2009年2月現在で当校の英語課程に留学中の学生は40名。 そのうち5名が日本人。GEDを目指している学生は3名で、 日本人はAちゃんだけとのこと。他の学校と比べ、留学生も日本人も少ないことを魅力と感じる学生が多い。

LahiとAちゃんと別れた後、私はキャンパス内の図書館へ向かった。 学校の図書館は、私が大好きな場所なのだ。どこの学校でも、訪問の際は必ずよる。 書類の整理や次の訪問先の学校の資料に目を通すため、学生に混じって勉強机に向かう。 自分の留学時代を思い出す。うーん、いい空間だ。やっぱりいいな、図書館。

Marylhurst Universityに興味がある方は、こちら!

海外視察レポート

Spring Street International School(スプリングストリートインターナショナルスクール)
Marylhurst University(メリルハースト ユニバーシティ PIA Int'l Academy)
Delta School District(カナダ・デルタ教育学区)
John.F.Kennedy High School(ジョン・エフ・ケネディーハイスクール)

アメリカ教育制度