高校中退留学・不登校留学・シニア留学・大学留学・語学留学を信頼と安心で提供する横浜・福岡のAJ国際留学支援センター
TOP留学までの流れ各国学校情報よくあるご質問問い合わせ・資料請求
資料ダウンロード 社長ブログ AJ国際留学センターとは 教育方針・私達の考え方 中退・不登校からの留学 教育推薦書・留学生訪問記 Dear International Marketer
留学したい国で選ぶ
アメリカ
ニュージーランド
オーストラリア
カナダ
イギリス
AJ国際留学支援センター > 各国学校情報 > イギリス学校情報 > イギリス教育制度

イギリス教育制度

中等教育

教育制度は、私立と公立により細部が若干違いますが、 5~7歳で小学校に入学し、16歳で義務教育の終了するのは全国共通です。 イギリスの大きな特徴は「卒 業」という考え方がないことで、イヤー11修了の年にGCSE (General Certificate of Secondary Education)という統一試験があります。 受験義務ありませんが、この試験結果はその後の進学や就職の際の選考基準として重要視されるものです。 イヤー11修了後の2年間は、職業専門学校と進学準備校とに進路が分かれ、 大学進学希望者はイヤー12、13でGCE・Aレベルやその他の大学入学資格となる試験を受けます。 いずれの試験も科目ごとに行われ、 学生は自分が必要な科目だけ受験します。その成績が大学への出願の決め手になります。

高等教育

イギリスの大学は1校を除いて全て公立です。 大部分の大学の学部は3年間で学士号が取得できます。 University, University College, College of Higher Educationなど学士号が取得できる大学は、 その成り立ちにより名称がまちまちです。 学位のレベルに変わりませんが、留学生には区別がつけにくい存在です。

9割以上が公立、留学生は私立へ

イギリスの学校教育は公立校が主流ですが、 公立校は留学生を受け入れていません。ほとんどの留学生は私立のボーディングスクールへ留学します。 公立校の場合 はイヤー7(11歳)から中等教育に入りますが、 私立校の場合は、学校によって進学年齢が違い、男子校と共学校は13歳から、 女子校は11歳から中等教育 課程となります。そのため、区切りのよさを考えると、 スムーズに留学するために男子は13歳、女子は11歳がよいでしょう。 しかもイヤー10・11は前述 のGCSEの試験課程にあるため、 日本の中学卒業後直後のイヤー11に当たる時に、 一つ下の学年に入り準備期間を設けるのがベストでしょう。

イギリスの学期制と学年制度

イギリス学期制

イギリスは3学期制を取り入れているところが多い

イギリス学期制

イギリスは3学期制を取り入れているところが多い

イギリスの学年制度

イギリスの教育制度は、公立・私立によって異なる。留学生は私立に入学する。 16歳になる前に中等教育の統一試験(GCSE)を受験する。 GCE-Aレベル高等レベルの学力証明資格試験を17歳で受験する。

イギリスの学年制度